2010年07月13日

消費者側の立場から好き勝手言う

ひし形の目薬あるじゃないですか。

斜め45度にカットされて半分がフタ、半分が容器のやつ。

俺はいつも目薬を机の上に置いてるのですが

あのデザインだと置いたとき

口が斜め向いて左右対称にならないわけですよ。

神経質な俺は斜め向いた口から目薬がこぼれないかと

心配なわけです。


なぜあんなデザインにしたのだろうか?

普通に四角いデザインで真っ直ぐ立つやつじゃダメだったのか?

あの形に何か理があるのか?


目薬に限らず最近の商品は何かと奇抜な形の物が多いですね。

ペットボトルなんかは持ちやすいようにとか言って

極端に歪曲してるやつもありますし。


飲んだことないから言うのもあれですけど

あんな形じゃグリップの部分に飲み残し溜まって

大変じゃないですかね?

というか、そんな上の方凹まされても逆に持ちにくいわ!


最近は会社間の競争も激しさを増していて

どこの会社も独自の商品を作り上げようと

躍起になっているのかもしれませんが

独自性を追求し過ぎて機能性が失われてしまうのは

いただけないなぁと思いました。

むしろ機能性を追及しすぎた結果かもしれませんが・・・
posted by すてぃーぶ at 13:17| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

過剰すぎるほど自意識過剰

人間は策を弄すれば弄するほど

思わぬ事態でそれが崩れたときうんたらかんたら

DIOさんも言っていましたが

何となく分かってきたのは俺は常に他人の賞賛を得るために

策を弄しまくっていたということ。

こう言えばみんな俺のことをカッコイイと思ってくれるに違いない!

みんなシビれて憧れてくれるに違いない!

よし!言うぞ言うぞ言うぞ〜〜〜っ!!



常にこんな感じ。

そらね、自意識過剰になりますよ。

言うことやること全て不自然になりますよ。


とりあえず日記を書くにあたっても

どんな文章を書けばみんなが素晴らしいと思ってくれるかとか

考えるんじゃなくて

自分が何を思い、何を考えたのか

今この瞬間、感じた自分の気持ちを大切に、

本当に今この場で話すような感覚で書いていこうと思います。


それができねば文章でも話でも

相手の情緒に訴えるなんてできませんぜ。
posted by すてぃーぶ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

いやな子供・・・

嫌な子供だった。


俺が3歳か4歳のとき、それこそ物心がついたばかりの頃、

母親から「プラレールを買ってあげようか?」と言われた。

プラレールとは電車のおもちゃ。 俺はプラレールが大好きだ。


しかもその時買ってあげようかと言われていたプラレールは

大阪と札幌を結ぶ豪華寝台特急トワイライトエクスプレス!

買って欲しいに決まっている!


普通の子供なら迷わず「買って」と言って喜ぶだろう。

しかし俺は断った。

本心は欲しかった筈なのに・・・


これは「親にお金を使わせたくない」という優しい想いから

そう言った訳ではない。

そういった優しさを演じることで「優しい子だ」と思われたかったから

そう言ったのだ。

若しくは「この子は金食い虫だ」と言われるのが嫌だったから。


たかだか3歳かそこらの子供が他人からの賞賛を求めて、

そこまで計算してものを言っていたのだ。

しかも自分の本心を殺して人に取り入ることが

当然のことだと信じて疑わず・・・


誰もが生まれながらにして持っているはずの素直な心、

透明なガラス玉のような綺麗な心は

物心がついた頃には既に黒炭のように真っ黒だった。



そしてそれは10年、20年経っても変わらず

自分の気持ちなどまるで無視、

他人の顔色ばかり伺い生きてきた。



こんな人生を歩んできたから・・・

自分の気持ちに素直になる、子供のような純粋さを取り戻すなんて

一朝一夕じゃ無理だし、随分前からそういったことに気づいてはいるが

未だに心の闇を拭いきれていない。



素直にありがとうを言おうとしても

素直にありがとうと言うぞと考えてからのありがとう

素直なありがとうじゃない。

最低ですね。



しかしそんな出口の見えない理屈の迷宮から

脱する一つの手がかりをバイト中に見つけました。


それは「思いやり」


今までは自分の素直な気持ちを表現するだけで一杯一杯でしたが

他人が何を求めているのか、何を考えそういう行動に至ったのかを

相手の立場に立って考えることで

自然に感謝の想いを伝えられるし

本当の信頼関係を築けるのではないかと思ったわけです。


何か書いててワケわかんなくなってきましたが

とにかくそんな感じです。

これからはもっと他人の気持ちを考えようと思います。

それこそ「他人の気持ちを考えるぞ」と考えてからではなく純粋に・・・
posted by すてぃーぶ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

史上最悪の袋小路

俺の心の安息はどこにあるのか。

思えば生まれてから今までの間何かしら緊張状態の中に

あったような気がします。

人と話しているときはもちろん

こうして日記を書いているときも・・

はたまた寝るときまで

言い知れぬ不安が常に心の中にまとわりつき

純粋な「寝たい」という想いを押し殺してしまうのです。

明日はバイトだから早く起きなければならない。

しっかりと寝れるだろうか?

寝られなかったらどうしよう?

こんなことを考えまいとしても

考えないようにすることに頭を使ってしまうので結局疲れる。

堂々巡り。


起きてるときの緊張状態を睡眠時にもちこむか否かで

寿命が10年ぐらい変わってくるとの話を聞きましたが

そんなことを聞くと緊張状態を維持しないことに

逆に気を使ってしまいます。

結局緊張したまま眠りに入ってしまい

不自然な状態で目が覚める。休んだ気がしない。


こんなことは理屈じゃなくて

自分の心のまま、本能のままに寝たり食べたりする純粋さ。

それが大切なのは分かってはいるし

「そんなに考えることないよ」とは言いますが

考えないようにしようとすることが実は既に考えているということ。

そしてそれに気づいていながら考えることをやめることができない

このどうしようもない感覚。


そのうち呼吸をすることや心臓を動かすことも理屈で考え始めて

呼吸困難や心臓発作を引き起こしそうです。

おーこわ。
posted by すてぃーぶ at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。